LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

あなたの破産確率は?バルサラの破産確率を読み解く

バルサラの破産確率

いくら勝率が高くても損益率が低いトレードをしていたら、運用資金は必ずゼロになります。

あなたの破産確率は何パーセントでしょうか?

勝率50%でも確実に破産するバルサラの破産確率

「プロスペクト理論を克服して損小利大を目指す」でも少しお話ししたように、勝率がいくら70%、80%あっても損益率が悪ければ必ず破産します。

その時は、下記のような例を出しました。

  • 運用資金:100万円
  • 1回の損失:10万円
  • 1回の利益:4万円
  • 勝率:70%

こちらの条件は1回のトレードの損失率が10%なので少し大きいです。

下の表は1回のトレードの損失率を1%で表した破産確率表です。バルサラという数学者が作ったものです。

バルサラの破産確率

僕が初めて見たときに衝撃的だったのが、勝率50%で損益率1.0でも破産確率が100%だという事です。

これは計算するとわかりやすいです。

下記のような条件で計算してみましょう。

  • 運用資金:100万円
  • 1回の損失:1万円
  • 1回の利益:1万円
  • 勝率:50%

損益率は平均利益 ÷ 平均損失で求められるのでこの場合1.0です。

1回目のトレードで勝ったとすると、100万 + 1万円 = 101万円です。

2回目で負けたら、101万円 – (101万円 × 1%)= 99万9900円です。

もうすでに元本を割っています。

このようにトレードを続けていくと、運用資金は限り無くゼロに近づいていきます。

破産確率をゼロに近づけるには!?

バルサラは破産確率は1%以下が望ましいと言っていますが、一般的には5%以下でかなり安定した運用ができると言われています。

では、どうすれば破産確率を5%以下に抑えれるのか!?

バルサラの破産確率表の仕組みが分かれば簡単です。

破産確率は次の3つの数字で求められます。

  • 勝率:勝ちトレード数 ÷ 総トレード数
  • 損益率:平均利益 ÷ 平均損失
  • リスク率:1回のトレードでの運用資金に対する損失率

破産確率を下げるには、勝率を上げる × 損益率を上げる × リスク率を下げることです。

勝率と損益率を上げれば破産確率は下がる

特に重要なのが勝率を上げる × 損益率を上げるです。

この二つを意識していれば期待値の高いトレードができます。

勝率を上げるには、優位性のあるエントリーをする必要があります。

勝率を上げる3つの方法

また、損益率を上げる方法は、 「リスクリワード比率を考える【実践編】」で詳しく解説しています。

リスクリワードレシオ リスクリワード比率を考える【実践編】

まずは、1ヵ月ぐらいあなたのトレードのデータを取って破産確率表と照らし合わせてみてください。破産確率の高い方は、トレードルールの改善を行なってください。