LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

分別管理と信託保全の違いとは!? 【FX業者の資産管理方法】

分別管理と信託保全の違い

顧客の資産管理方法はFX業者ごとに違います。

万が一、FX業者が破産してしまっても、 資産が返ってくる方法と返ってこない方法があるのでしっかり理解しましょう。

分別管理とは

分別管理というのは、FX業者の経営に必要な資金顧客からの預かり資金を別の銀行口座で管理しているということです。

別の口座で管理しているので顧客資産を経営資金に使うことはないですが、安全性は低いと言えます。

この場合、もしFX業者が倒産した場合は債権者に顧客の資産も差し押さえられてしまう可能性があります。

信託保全とは

信託保全というのは、FX業者の経営に必要な資金顧客からの預かり資金を別の銀行口座で管理したうえで、信託銀行や信託法人などに顧客資産を管理させる方法です。

この場合は、第三者が顧客資産を管理することになるので、顧客資金を経営資金に使うリスクも小さくなります。

また、万が一FX業者が破産したとしても顧客資産は返ってくるようになっています。

日本のFX業者はこの信託保全を義務付けられています。

海外FXでは投資家補償基金が一般的

投資家補償基金とは、加盟しているFX業者が基金にお金を出資しあい、加盟業者の中で倒産した業者がでた場合に基金の資金から投資家への資産返還を行うシステムのことです。

海外FX業者ではこのような基金に加盟することによって顧客資産の保全を行なっているのが一般的です。

しかし、投資家補償基金には条件があり補償される金額に上限があります。

上限額は基金によって違います。

例えば、キプロスに金融ライセンスを保有している業者が加盟を義務付けられているICFでは、補償額は最大で2万ユーロとなっております。

もし、運用資金が補償額を超えるようであれば、複数の業者を利用してリスク分散する必要があります。