LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

あなたはどっち!?ブルとベアの話

ブルとベア

相場の用語”ブル”と”ベア”の解説です。

さて、あなたはブルとベアどちらでしょうか?

ブル・ベアとは!?

ブル・ベアとは、相場の強気・弱気を表す言葉です。

ブル(Bull)は強気のことで、牛が角を下から上へ突き上げる動作から相場が上昇していることを表します。

ベア(Bear)は弱気のことで、熊が前足を振り下ろす動作から相場が下落していることを表す言葉として使われています。

投資信託等では、ブル型、ベア型の商品が販売されていて、ブル型は相場が上昇している時、ベア型は相場が下落している時に利益が出るようになっています。

ベアは上級者向け

トレード初心者は買いから入る人がほどんどです。

相場が上がれば利益になるという先入観があるので、売りで利益を得る感覚が薄いからです。

しかし、中にはそんなブルのトレーダーを嘲笑うかのように売りで儲けるファンドやトレーダーがいます。

株の場合、上昇は長い時間をかけて上がっていきますが、下落は一気に一瞬で下げやすい傾向があります。

ブルベア

彼らは、この”相場が一気に下落する瞬間”を獲物を狙うライオンのように影からうかがってます。

リーマンショックでも売りで巨額の利益を出したファンドがありました。

マネーショート 映画『マネーショート』から学ぶリーマンショック

売りから入るのは高リスク

しかし、売りで利益を出すのは非常に難しく、リスクが高いです。

株の格言で”買いは家まで売りは命まで”という言葉があります。

これは、空売りの怖さを表現した言葉です。

買いの場合、最大損失は株価が0になった時です。

一方、売りの場合は青天井なので最大損失は無限大です。

つまり、売りから入るトレードは、天井が予測しにくいので上級者向けなのです。

FXでのブルとベア

FXでも買いと売りであれば、買いから入るトレーダーがほとんどです。

FXは売りからも入れるので、下がると思ったら売り注文を入れれば良いのですが、相場が下がるまで待つ人も多いです。

しかし、為替の場合は先ほどの図のようなチャートにはなりにくい傾向があります。

なぜなら、為替は通貨と通貨の相対関係にあるからです。

例えば、ドル円のチャートだと下落すると円買いドル売りですが、上昇すると円売りドル買いです。このようにドルで考えた場合と円で考えた場合で真逆になります。

また、各国の金利差など色んな要因で為替レートは変動しています。

為替レートはなぜ変動するのか!? 為替レートはなぜ変動するのか!?

常にどちらの通貨が強くてブルなのか、どちらが弱くてベアなのか判断する必要があります。

通貨間のパワーバランスは多少ありますが、FXでは買い、売りの両方で利益を取れるフラットな目線が必要です。