LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

今トラリピを始めるなら最適な通貨ペアはカナダドル/円。おすすめする3つの理由

トラリピおすすめカナダドル/円

こんにちは、FXトレーダーのノブ(@novnovofficial)です。

普段、FXでは裁量でデイトレードを主流に行なっています。

最近、不労所得を得るために長期運用にも挑戦しようと思い、マネースクエアの「トラリピ」を始めました。

僕も実際にトラリピで運用しているカナダドル/円が調子良いのでご紹介します。

今、まさにトラリピを始めたいという方にはおすすめの通貨ペアです。

その理由を詳しく見ていきましょう。

カナダドル/円がトラリピにおすすめ通貨ペアである3つの理由

為替でカナダドルは主要通貨ではないので、どういう通貨なのかわからないかもしれません。

カナダドル/円はトレードする人が少ないので、僕もあまり馴染みがありませんでした。

なぜ、カナダドル/円がおすすめなのか??マネースクエアが公式ページで3つの理由をあげています。

カナダドル/円は利上げサイクルに突入している

カナダ中銀(BOC)は、2017年7月に利上げを開始しました。

トラリピおすすめカナダドル/円

利上げサイクル入りは、主要先進国の米FRBに次いで2番目、資源国ではカナダ中銀が初めてです。

2018年10月現在のカナダの政策金利は1.5%です。

カナダ経済が上昇傾向にあるため、市場では年内に1.75%まで引き上げられるのでは!?という予想されています。

資源国通貨の中でもNo.1を誇るスワップ

下の画像をご覧の通り、カナダドルは資源国通貨で大人気の豪ドル・NZドルよりもはるかに高いスワップが付与されます。

トラリピおすすめカナダドル/円

これはマネースクエア公式ページの資料なんですが、情報が少し古くて今は1万通貨あたり44円のスワップが付きます。

これは9月に政策金利が1.25%から1.5%に引き上げられたからです。

「トラリピに最適な通貨ペアの選び方とは!?【3つのポイントとおすすめ通貨ペア】」でも書いたように、スワップがプラスというのは運用過程で含み損が増えても精神的に余裕ができます。

しかし、スワップはあくまでもおまけなので、売買損益を意識した運用をしましょう。

安値圏でのトラリピに向いている値動き

カナダドル/円のチャートを見ると、2016年以降はだいたい80円〜90円のレンジ内で値が動いているのがわかります。

トラリピおすすめカナダドル/円

トラリピはレンジに強いので、利益を上げやすい相場です。

>>>【FX自動売買】マネースクエアのトラリピとは!?顧客の70%が利益を上げている!!

 

また、2000年以降の最安値と現在値の値幅を比較すると、他の通貨より安値圏にあるといえます。

トラリピおすすめカナダドル/円

2018年10月現在は89円なので、最安値までの値幅は約21円です。

それでも、豪ドル/円とNZドル/円と比べるとまだ安値圏です。

トラリピの戦略として、「レンジの下限まで耐える」というのが基本としてあります。

最安値までの値幅が狭いことで、必要な運用資金が少なくて済みます。

まとめ

マネースクエアが公式ページでもおすすめするほどのカナダドル/円。

冒頭に言ったように、実際に僕もカナダドル/円でのトラリピ運用を開始しました。

決め手となったポイントは、おすすめ理由3つ目の「レートが安値圏である」ということです。安値圏からの反発が期待できるので、含み損をなるべく抑えて運用できる可能性が高いです。

FX初心者の方でも手の出しやすい通貨ペアだと思います。