LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

DD方式、NDD方式とは!?約定方式の違いを解説

DD方式とNDD方式

国内FX業者と海外FX業者では、約定方式が違います。約定方式とは、FX業者で顧客のトレード注文がどう処理されているかを表します。

しっかり理解して業者選びの際にも注意してみましょう。

約定方式の種類

約定方式にはDD方式とNDD方式の2つに分かれており、NDD方式の中でもECN方式とSTP方式に分かれています。

DD方式とは

DD方式はFX業者内に「Dealing Desk(ディーリング・デスク)」を設置し、顧客の注文と逆の注文を行うことでバランスを取る仕組みです。

顧客の注文を直結でインターバンクに流さず、自社内のディーラーを介してインターバンクに流します。

業者内で別の顧客同士の注文を相殺させることが可能ですが、一定以上の注文が入った場合はトレーダーの注文とは反対の注文をすることになります。

DD方式の特徴は、スプレッドを極限まで狭くできることです。

国内FX業者のほぼ全てはDD方式になります。

NDD方式とは

NDD方式は、FX業者内にディーリングデスクを置かず、顧客の注文をそのままインターバンクに流す方式です。
NDD = No Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)の略です。

この方式は、顧客にとって公正な約定方式です。

海外FX業者はほとんどがこの方式を採用しています。

反対売買を行わないため、FX業者の利益は手数料やスプレッドのみとなります。従って、顧客のトレード数がFX業者の利益にそのまま比例します。

このNDD方式は、次のECN方式、STP方式と2つの種類に分けられます。

ECN方式とは

ECNとは、「Electoronic Communication Network」のことで、「電子商取引」のことを指します。

これは顧客から注文を受けたFX業者がそのままインターバンクに注文を流す方式です。スプレッドはインターバンクの買値と売値の差になるため、基本的に低スプレッドです。

しかし、このECN方式ではトレードをする毎に手数料を取られます。

これはインターバンクにそのまま注文を流すというシステム上、自社でスプレッドを上乗せできないからです。

ただし、このトレード手数料を考慮しても通常の口座よりもコストがかからない場合が多いです。

なお、XMの「XM zero口座」などがECN方式の口座に該当します。

STP方式とは

STPとは、「Straight Through Processing」の略です。

STP方式は、 DD方式と同様に一旦業者内で顧客の注文を呑みます。

その後にカバー先に注文を出し、カバー先の提示レートにスプレッドを上乗せして顧客に提示して売買する方法です。

この方式は、スプレッドがECN方式よりは広くなりますが、約定力が高いです。

海外業者のスタンダード口座のほとんどがこのSTP方式です。