LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

勝率が高い代表的な9種類のFXチャートパターン

チャートパターン

普段、何気なく見ているチャートにも規則性があります。

今回は、多くのトレーダーに意識されやすいチャートパターン9種類と、それぞれのエントリータイミングを紹介します。

チャートパターンを覚えて、勝率と損益率を上げましょう。

チャートパターンとは!?

前回は、ローソク足単体でみるチャートの値動きの予想のしかたを紹介しました。

ローソク足の見方 初心者でもわかるローソク足の簡単な見方【テクニカル分析】

今回は、そのローソク足の集合体が作るチャートパターンについて詳しく解説します。

チャートパターンはテクニカル分析の一部で、チャートの値動きが形成する一定の形をパターン化したものです。

チャートパターンが現れた時は、同じような値動きになりやすいので、その後の動きを予想しやすくなります。

チャートパターンには大きく2種類あります。「トレンド転換パターン」「保ち合いパターン」です。

それでは、勝率の高い鉄板のチャートパターンを紹介します。

トレンド転換のチャートパターン

ダブルトップ

ダブルトップは、上昇トレンドが下降トレンドに転換するサインです。

チャートパターン

同じようなレートで2回高値を付け、M字になるのが特徴です。

M字の安値で引ける水平ラインをネックラインといいます。このネックラインは後ほども出てきますが、非常に重要なラインです。

ダブルトップ時のネックラインはダムのようなもので、このラインを割るとダムが決壊するかのように強い売りが入ります。

ダブルトップのエントリータイミングは、下図の通りです。

チャートパターン

一旦ネックラインを割ると、ネックラインがレジスタンスラインとなり、上昇の勢いが押さえつけられるようになります。

ネックラインを割って、もう一度ネックラインに戻ってきたときに、売りでエントリーします。

勝率の高い「戻り売り」です。

ネックラインとトップ(高値)の間と同じ値幅ぐらい落ちることが多いので、そのレートを利確ラインに設定します。

ダブルボトム

ダブルボトムは、下降トレンドが上昇トレンドに転換するサインです。

チャートパターン

ダブルトップとは逆で、安値を2回付けてW字になるのが特徴です。

ダブルボトムでは、W字の高値に引けるラインがネックラインです。

エントリータイミングは、一旦ネックラインを上抜けて、もう一度ネックラインまで落ちてきたところで買いのエントリーです。

チャートパターン

この場合は、ネックラインがサポートラインに変わります。ラインが意識されやすくなり、買いの勢いが強くなります。

勝率の高い「押し目買い」になります。

ダブルトップと同様、ネックラインとボトム(安値)の間と同じ値幅動くので、そのレートを利確ラインにします。

トリプルトップ

トリプルトップは、ダブルトップと同じで上昇トレンドが下降トレンドに転換するサインです。

チャートパターン

ダブルトップよりも1つ山が多い形で、チャートで形成される頻度は低いです。

チャートでの出現頻度が低い分、その効力は強くなります。

つまり、トリプルトップになった場合は、下降トレンドになる確率がダブルトップよりも高いです。

エントリーは、ダブルトップ同様ネックラインを割ってから戻り売りを狙いましょう。

チャートパターン

トリプルボトム

トリプルボトムは、ダブルボトムと同じで下降トレンドが上昇トレンドに転換するサインです。

チャートパターン

ダブルボトムよりも1つ谷が多い形で、チャートで形成される頻度は低いです。

つまり、トリプルボトムになった場合は、上昇トレンドになる確率がダブルボトムよりも高いです。

エントリーは、ダブルボトム同様ネックラインを上抜けてから押し目買いを狙いましょう。

チャートパターン

三尊(ヘッドアンドショルダー)

三尊は、上昇トレンドから下降トレンドへの転換サインです。

3つの山からなっているのでトリプルトップと似てますが、真ん中の山が両端より高くなるのが特徴です。

人間の頭と肩に見えるので、別名ヘッドショルダーともいわれています。

チャートパターン

両端の山の高値は、だいたい同じレートになります。

三尊が出現した場合は、トリプルトップよりも高い確率で下落します。

エントリータイミングは、おなじみの戻り売りです。三尊が出たら、自信を持って売りエントリーしてください。

チャートパターン

逆三尊

逆三尊は、下降トレンドから上昇トレンドへの転換サインです。

言葉の通り、三尊をそのまま逆にした形です。

チャートパターン

逆三尊もトリプルボトムより高い確率で上昇に転換します。

エントリータイミングは押し目買いですね。

チャートパターン

保ち合いのチャートパターン

三角保ち合い

三角保ち合いは、相場が均衡している時に発生しやすいです。売り買いが同じぐらい行われており、相場が迷っている状態です。

チャートパターン

三角保ち合いの時は、どちらに動くか予想しづらいのでトレードは避けましょう。

どちらかに抜けた後は、貯まったパワーが放出されてブレイクした方向に大きく動きます。

上昇型三角保ち合い

上昇トレンド中に形成されることが多い三角保ち合いです。

通常の三角保ち合いとは違い、高値がレジスタンスライン(水平ライン)で押さえつけられ、安値が切り上がっていきます。

チャートパターン

基本的には三角保ち合いなのでどちらに抜けるかわかりませんが、上に抜ける確率が高いです。

エントリータイミングは、レジスタンスラインを上抜けしてからの押し目買いです。利確目標は上抜け後の高値に置きましょう。

チャートパターン

下降型三角保ち合い

下降トレンド中に形成されることが多い三角保ち合いです。

上昇型とは逆で、サポートライン(水平ライン)で下値が支えられ高値が徐々に切り下がっていきます。

チャートパターン

上昇型と同様でどちらに抜けるかはわかりませんが、下に抜ける可能性が高い三角保ち合いです。

エントリータイミングは、サポートラインを下に割ってからの戻り売りです。利確目標は下抜け後の安値です。

チャートパターン

まとめ

以上、9種類の代表的なチャートパターンを紹介しました。

これらのチャートパターンが出現したら、積極的にエントリーを狙っていきましょう。

特に、トリプルトップ・ボトム、三尊、逆三尊は勝率が高いです。

そして、僕の体感だと70%ぐらいの確率で、それぞれの利確ラインまでレートは動きます。

含み益が出ても利確を早まらずに利確ラインまで粘って、損小利大のトレードを心掛けましょう。