LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

マイルがどれだけ貯まれば無料で海外に行けるのか!?

国際線特典航空券必要マイル数

マイルを貯めるにあたって、特典航空券を取るために必要なマイル数が一番気になると思います。

行き先はもちろん、予約クラスやシーズンによっても必要マイル数は変わってきます。

行きたいところはどれぐらいマイルが必要なのかを知って、目標を決めてみましょう。

12,000マイルで国際線特典航空券が取れる!!

マイルってそうそう貯まらないですよね??

マイルの会員登録はしたもののあんまりシステムが分からずじまい。

ツアーで旅行に行ったりすると、航空会社もバラバラになりがちで中途半端なマイルがちびちび貯まるだけ。。。

マイルでタダで航空券を取るなんてあんまりイメージがわかないかもしれません。

ANAだと最小12,000マイルから国際線の特典航空券が取れます。

国際線特典航空券必要マイル数

行き先は韓国でレギュラーシーズンのエコノミークラス。

このマイル数が多いのか少ないと感じるのかは人それぞれですが、マイルに馴染みのない人は多いと感じるかもしれません。

個人的なおすすめはマニラです。
東南アジアながら中国各都市や香港、台湾と同じアジア1に分類されているので、他の東南アジア各国よりも少ないマイル数で行けます。

ちなみに国内線だと10,000マイルから特典航空券が取れます。

ビジネスクラスでハワイに行くには何マイル必要!?

マイラーに大人気の”ビジネスクラスでハワイ”はというと・・・

レギュラーシーズンで往復65,000マイル必要です。

国際線特典航空券必要マイル数

さっきの韓国の5倍以上ですね。

閑散期のローシーズンのエコノミーでも35,000マイル必要です。
会社員の人はまとまった休みが取れるのは大型連休や年末年始など繁忙期のハイシーズンが多いと思うので、逆に必要マイル数は多くなります。

さらに、ヨーロッパ、アメリカなどの欧米になるとまた倍近く必要マイル数が増えます。

12,000マイルを貯めるのには??

韓国は12,000マイル、ビジネスクラスでハワイは65,000マイル。

では、実際これだけのマイルを貯めるにはどれだけ大変なのか?

フライトで貯める場合

フライトで貯まるマイルは、路線や条件(クレジットカード種別、利用クラス、利用運賃、ANAの会員ステータス)によって積算率が変わります。

ここでは、一番普通な積算率100%で計算してみましょう。

  • 東京〜大阪:片道のフライトで280マイル
  • 東京〜ニューヨーク:片道のフライトで6,737マイル

東京〜大阪間だと約43回フライトの往復22回で、東京〜ニューヨーク間で約2回フライトの往復1回で12,000マイル貯まります。

ANAの公式サイトでは、色々条件を設定して獲得マイル数をシミュレーションできるページがあるので使ってみてください。

参考 ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションANA SKY WEB

このように飛行機に乗ってマイルを貯めようとすると、SFC修行並みに搭乗回数をこなさないといけません。

仕事で出張が多い人以外はかなり厳しいんじゃないでしょうか?

クレジットカードで貯める場合

クレジットカードの還元率によって変わりますが、大体0.8~1.0%です。

ANA VISAカードだと1,000円で1ポイントもらえます。

計算すると、約120万円決済すると12,000マイルに交換可能です。

*1ポイント10マイルで交換の場合

年間120万円決済しようと思うと、月に約10万円クレジットカードを使用しなければいけません。

日々の食料品や消耗品、公共料金や携帯電話料金などの支払いを全てクレジットカードを使うようにすれば、ギリギリ届く数字かなと思います。

3年間で約30,000マイル獲得できる計算です。

*マイルの有効期限は3年間です。

ただ、残念ながらこれではハワイビジネスクラスに必要な65,000マイルという数字には到底届きません。
クレジット決済を倍の年間240万円にしても足りません。

フライトで搭乗マイルやクレジットカードの決済ポイントだけでマイルを貯めるとなると、年収数千万あっても追いつきません。

しかし、現実では毎年ご夫婦でハワイにビジネスクラス(2人で往復130,000マイル必要)でタダで行ったり、年間30万マイル以上も獲得している方たちがたくさんいます。

*特典航空券は会員本人以外に、会員の配偶者、会員の2親等以内の親族の方なら使えます。

大量のマイルを貯めるにはポイントサイトを利用するしかない

飛行機に乗らず、クレジットカード利用でもない。

では、一体どんな方法でたくさんのマイルを貯めているのか?

大量のマイルを貯める唯一の方法、それはポイントサイトの活用です。

この方法しかありません。断言します。

具体的な条件やポイントの移行ルート・方法を理解すれば、誰にでもできる方法です。

これがANAマイルの一番の旨みになります。

ポイントサイトって何!?

マイルの話からいきなりポイントサイトが出てきて「???」かもしれません。

まずはポイントサイトの説明からします。

良くブログやサイトなどの横に「クレジットカード発行で1万円キャッシュバック、2万ポイント贈呈」、「FX口座開設で2万円キャッシュバック」などの広告をよく見ますよね?

広告を見た人がそこから経由してカード発行や口座開設すると、そのサイトの運営者に広告料が支払われる仕組みになっています。

ポイントサイトはそういった広告やモニターの案件を詰め合わせて「ここから登録してくれたら広告主から貰える報酬の一部を還元しますよ〜」という仕組みになっています。

なので、新しくクレジットカードを発行する場合や、銀行口座を開設する場合などはそういったポイントサイトを経由したほうがこちらも得になります。

日常で使用する衣料品店や宅配ピザなどもありますので、服を買ったり食料品を買うだけでもポイントが貯まります。

本題は、このポイントがなぜマイルに関係あるのか??ですが、それは「年間20万以上のANAマイルを貯める裏ワザとは!?」の記事にてポイントサイトを使ったマイルを貯める裏ワザをお教えしています!!

マイルを貯める裏ワザ 年間20万以上のANAマイルを貯める裏ワザとは!?