LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

初心者でも投資で資産形成できる方法

資産形成する方法

「投資なんてお金持ちがするもの」、「ある程度まとまったお金ができてから」と考えてる人も少なくないと思います。

投資=リスクと思い込み、投資し対して悪いイメージが先行してしまうのが理由かもしれません。

初心者でも、所得が多くなくてもリスクを抑えて投資で資産形成する方法をお伝えします。

リスクを減らす3つの方法

現在の日本の金利では、預貯金だけで老後資金を工面するのも不可能です。

資産を何で持つかを考えていかないと円の価値は下がる一方です。

近い将来、リスクを取らないことがリスクになるかもしれません。

投資は専門的な人がすること、金持ちがすることと考えている方へ一般人でもできる投資法をお教えします。

それは長期運用、積立、分散の3つです。

長期運用

長期運用の一番のメリットは、価格変動に一喜一憂しなくて済むことです。

長期となると数年〜数十年スパンでの投資になるので、1日、1週間の値動きは気にならなくなります。

また、短期のデイトレードとは違い、金融商品の売買をしなくてもいいので初心者にはオススメです。

極論、投資目的が長期なのであれば、一回買ってしまえばそのままほったらかしで構いません。

積立投資

積立投資は定期的に一定額ずつ、投資し続けることです。

積立投資をすることで、最初にまとまった資金がなくても「塵も積もれば山となる」で続ければ続けるほど大きな資金に育っていきます。

また、この定期的に一定額ずつ投資する方法は「ドル・コスト平均法」と呼ばれています。

高値づかみのリスクを減らし、平均取得単価を下げるメリットがあります。

分散投資

「FXトレードでのリスク管理を考える」でも言いましたが、資産の全てを一つの投資対象に突っ込むのは危険です。

突っ込んだ先のパフォーマンスが大きくマイナスになってしまったら身動きが取れません。

投資をする際には、国内外の株式や債券、不動産、金などを組み合わせて運用すると価格変動のリスクを減らすことができます。

投資信託では一つで複数の商品に分散投資できる商品もあるので、少額から分散投資が可能です。