LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

水平ラインの引き方

水平ラインの引き方

水平ラインはトレンドラインと同様、重要なラインですのでしっかり覚えましょう。水平ラインも長ければ長い足ほどトレーダーたちに意識され効いてきます。

水平ラインの引き方

下の画像はEURUSD(ユロドル)のチャートです。真ん中(1.23866)に1本水平ラインが引いてあります。

水平ラインの引き方

チャートの左側では、2回ラインが意識されて反発してまた上昇してます。下値がサポートされてる形なので、これをサポートラインと言います。

3回目でブレイクして一気に安値をつけてます。

そして、また上がってきたところで先ほどのラインで反発して下がっていってます。上値が抑えつけられてるのでレジスタンスラインと言います。

ブレイクによって水平ラインがサポートラインからレジスタンスラインへと変わった状態です。

2枚目は同じラインで1枚目よりも少し過去のチャートです。

水平ラインの引き方

やはり、ラインで意識され反発してます。

3枚目は同じラインで4時間足にしたものです。

水平ラインの引き方

長い足で見ても意識されているラインなのがわかります。

また、高値は1.25100で意識され2回叩かれてます。1.238661.25100の間でレンジ相場になってます。

4枚目はまた別の値でのラインです。綺麗にレジサポが転換されています。

水平ラインの引き方

水平ラインはトレンドラインよりシンプルで簡単に引けます。

また、何度も反発されているラインは意識されさすくなり、次にそのラインに来る時も同じく反発する場合が多いです。