LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

MT4で移動平均線を表示する方法

MT4移動平均線表示方法

MT4アプリでは、様々なインジケーター(Indicator)を表示させてチャート分析をすることができます。ここでは移動平均線の表示方法を解説します。

移動平均線とは!?

移動平均線は、ローソク足と表示されることが多いです。

移動平均線はある一定期間の為替の終値の平均値を算出し、折れ線グラフにしたものです。手法ではあまり使いませんが、その時のトレンドがぱっと見で掴めます。

移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下落トレンドと判断できる。さらに、ローソク足と移動平均線の位置関係も判断基準になります。

また、短期、中期、長期がすべて同じ向きなら、その方向に強いトレンドが出ています。

MT4での表示方法

まず、MT4でチャートを画面開きます。

チャート画面上の”f”を選択します。

インジケーター画面から”メインウィンドウ”を選びます。

移動平均線の表示方法

移動平均線の詳細設定

インジケーター追加画面で”Moving Average”を選び、設定画面を表示します。

移動平均線の表示方法

設定する箇所は”期間”のみでいいです。

この数値は相場の状況や表示させる時間足によって自由に数値を変更させますが、一般的には5、25、75、200がよく使われます。

メソッドはSimple(SMA)とExponential(EMA)があります。これは移動平均線の算出方法の違いです。手法では重要視しませんのでSimpleのままで構いません。

設定が終了したら、画面右上の”完了”をタップしてチャート画面へ戻ります。

これでチャートに移動平均線が表示されるようになります。

移動平均線の表示方法

インジケーターを削除する方法

次に要らないインジケーターを削除させる場合です。

インジケーター追加画面右上の”編集”を選択し、削除したいインディケータの左側のマークをタップします。

移動平均線の表示方法

そうすると”削除”ボタンがスライドしてくるのでタップして削除できます。

さっきと同様に”完了”タップで削除完了です。