LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

MT4の基本的な使い方

MT4の基本的な使い方

このページではMT4の基本的な使い方を解説します。

通貨ペアの編集

まずMT4を起動させ、左下の気配値を選択します。

左上の鉛筆マークで通貨ペアの並び替えが可能です。次に右上の+印をタップします。

MT4の使い方

そうすると右のような画面に移ります。

通貨ペアの追加は“Forex”です。

よく使うEUR/USD,USD/JPY,GBP/JPY,EUR/JPYを追加しておくといいでしょう。

興味のある方は“CFD Cash”でUS30Cash(ダウ)とJP225Cash(日経225)もついでに表示してみてください。

チャート画面の使い方

下のメニュー欄でチャートを選択します。

MT4の使い方

左上のローマ字と数字のところで足の長さを変更できます。

M15だと15分足、H4だと4時間足、D1だと日足です。

真ん中上の赤枠部分では様々なインジケーター等々の編集が可能です。

移動平均線の表示方法はこちらからどうぞ。

MT4移動平均線表示方法 MT4で移動平均線を表示する方法

テクニカル分析に必要なラインを表示させる方法はこちらです。

MT4ライン表示方法 MT4でトレンドライン、水平ラインを表示する方法

トレード画面の説明

トレード画面へは先ほどのチャート画面の右上か、もしくは下のメニュー欄のトレードを選択した画面の右上から入れます。

MT4の使い方

 

こちらがトレード画面です。

MT4の使い方

通貨ペアの選択

一番上の赤枠部分で通貨ペアの選択ができます。

注文方法の選択

その下のマーケット実行のところをタップすると注文の仕方が選べます。

詳細についてはこちらの記事を参照してください。

FXの注文の種類 FXの注文の種類

基本的にはマーケット実行(成行注文)で大丈夫です。

ロット変更

その下に表示されてる数字のところがロットです。

ここで取引数量を決めます。

XMは1.00で10万通貨です。
なので、先ほどの画像だと5万通貨の取引ができます。

ストップロスとテイクプロフィット

この欄はいわゆる損切り利確をあらかじめ入力できる欄です。

いつ何が起きて為替レートが暴落あるいは暴騰するかわかりません。
スイスフランショック時は、たくさんの個人投資家が借金を負いました。

長時間チャートが見れないときは設定しましょう。

注文の実行

上記の項目が決まれば、SellBuyをタップすると注文が実行されます。

MT4の使い方は以上です。

最初は難しいかもしれませんが、非常にシンプルなツールですのですぐに慣れます。

決済方法

決済方法や損切り、利確の設定方法はこちらの記事で解説してます。

MT4決済方法 MT4での決済方法