LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

ANAマイラー必須カードのソラチカカードを徹底解剖

ソラチカカード

ANAマイラーに必須のカード。大量マイルを獲得する上で、ただ一枚、絶対に持たなければならないカードがあります。それはソラチカカード。

年会費2,000円、ゴールドカードでもない、豪華特典もない、還元率も他と変わらない、空港ラウンジも使えない。そんななんの変哲もないカードがなぜ必要不可欠なのか徹底的に解説します。

ソラチカカードの概要

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は、ANAと東京メトロ、JCBが提携したクレジットカードです。

ANAカードとTo Me CARD、PASMOが一体となっています。この「ソラチカ」という名前の由来はANA(ソラ)と、東京メトロ(チカテツ)からきています。 

ソラチカカード

年会費

  • 初年度は無料、翌年から2,000円+税。ETCカードは無料。
  • 毎年継続ボーナスとして、ANAマイルが1,000マイルもらえる。1,000マイルを1マイル2円換算すると2,000円分になるので、ほぼこれだけで年会費の元を取ることができます。
  • カードにはPASMOが一体となるが、通常かかるPASMOのデポジット料金500円はかからない。

ANAカードとしての特典

  • ANA国内線・国際線・提携航空会社の利用でフライトマイルが貯まる
  • 入会、継続でボーナスマイル(1,000マイル)プレゼント
  • 海外旅行傷害保険・国内航空傷害保険(いずれも最高1000万円)
  • ショッピングガード保険(年間最高100万円)
  • ANA国内線でチェックイン不要の「スキップサービス」の利用が可能
  • ANAカードマイルプラス提携店での利用でマイルが貯まる

東京メトロ「To Me CARD」としての特典

  • 東京メトロの定期券区間外での乗車でメトロポイントが貯まる(平日:5ポイント、土休日:15ポイント)
  • PASMO%オートチャージサービスの利用でOki Dokiポイントが貯まる
  • 定期券機能の搭載が可能(本カードでの定期券購入でOki Dokiポイント・メトロポイントがダブルで貯まる)
  • PASMO電子マネーによるショッピングでメトロポイントが貯まる
  • ANAマイルとメトロポイントが相互に交換可能 10,000マイル → 10,000メトロポイント/100メトロポイント → 90マイル
  • Oki DokiポイントからANAマイル・メトロポイントへ交換可能 1Oki Dokiポイント → 3~10マイル /1Oki Dokiポイント → 5メトロポイント 

ANAマイルへの移行手数料

Oki Dokiポイントは還元率0.5%と低い上に、ANAマイルに移行した場合は移行手数料がかかります。

5マイルコース(1,000円=1ポイント=5マイル換算)なら手数料は無料ですが、10マイルコース(1,000円=1ポイント=10マイル換算)の場合は、移行手数料が5,000円+税かかってきます。

ANAマイラーにソラチカカードが必須な理由とは!?

今までの説明だと「そこらへんのカードと一緒」、「どこがすごいの?」と感じるかもしれません。

しかし、このカードが無ければ年間20万マイル以上も貯める事は絶対に不可能です。

それはなぜかなのか!?下の画像をご覧下さい。

ソラチカカード

メトロポイントを、0.9倍という最高の移行レートでANAマイルに交換できるからです。

これが出来るのは世にあるクレジットカードの中でソラチカカードだけです。 

大量にマイルを獲得するにはポイントサイトの活用しかないと、「年間20万以上のANAマイルを貯める裏ワザとは!?」の記事でお伝えしました。 

マイルを貯める裏ワザ 年間20万以上のANAマイルを貯める裏ワザとは!?

クレジットカード決済で年間20万マイル貯めるとなると2,000万円利用しないといけません。還元率が少々変わっても、大した事はないです。非現実的ですし、年間で2,000万円も利用できる収入があればマイルなんか気にしないです。

ポイントサイトで集めたポイントは通常のルートでANAマイルに交換すると、その価値が約50%〜60%ぐらいに目減りしてしまいます。

メトロポイントを使った、下記の通称「ソラチカルート」を使うと、80%という高還元率でマイルに交換することができます。

ソラチカルートとは!?

ポイントサイト ➡︎ PeX ➡︎ LINEポイント ➡︎ メトロポイント ➡︎ ANAマイル

決済でマイルを貯めるのではなく、ポイントサイトで集めたポイントをこのソラチカルートを使って交換するのが一番マイルの貯まる方法です。 

ちなみに、ANA VISAカードをお持ちの方なら、決済で貯まったボーナスポイントをポイントタウン→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルというルートで交換します。

極論を言うとANAカードはソラチカカード1枚で大丈夫

クレジットカードを全然使わない人、決済額が少ない人、ポイントサイトだけでマイル貯めるんだという人はこのソラチカカードを1枚だけを持っていれば大丈夫です。

決済に使わなくてもいいし、東京のメトロに乗らなくてもいいんです。このソラチカカードはあくまでポイントを経由するだけに使用するだけです。

デメリット

ソラチカカード自体にはあまりメリットがないのですが、マイルを貯めるという観点から見ると唯一のデメリットがあります。

こちらの記事でも言いましたが、ポイント交換のルートを迂回する必要があるため、最終的にマイルにたどり着くまでに手間と時間がかかります。

また、忘れてはいけないのがメトロポイントをANAマイルに移行できる上限は1ヶ月に20,000メトロポイントまでです。

20,000メトロポイントは18,000マイルなので1ヶ月で18,000マイルまでしか移行できません。ソラチカカードで生み出せるANAマイルは年間216,000マイルが上限となります。

それ以上貯めたい!!という方は交換レートが悪くなりますが、Tポイントルートを活用しましょう。

Tポイントルート Tポイントを使って効率良くANAマイルを貯める方法

マイ友プログラムでお得にカード発行!!

ポイントサイト経由でクレジットカード発行でマイルが貯まるのは先ほど述べました。しかし、残念ながら現在どのポイントサイトにもソラチカカードの発行案件はありません。

そんなソラチカカードですが、お得にカードを発行できる方法が1つだけあります。

それは、2016年から始まったマイ友プログラムです。

マイ友プログラムに登録してから発行すると500マイルプレゼントされます。

詳細、登録方法は「ANAのマイ友プログラムでお得にソラチカカードを発行する方法」をご覧ください。 

ソラチカマイ友 ANAのマイ友プログラムでお得にソラチカカードを発行する方法

まとめ

繰り返しになりまますが、このソラチカカードが無ければマイラー生活は始まりません。

もし、マイルを貯め始めようと思って、どのクレジットカードを作ればいいのか迷っているのであれば、真っ先にソラチカカードを作りましょう。

他のANAカードは二の次で構いません。もちろん、既に他のクレジットカードを持っている方も、一番に作ってください。

ソラチカカードが届いたら、JCBと東京メトロのWEBサイトへのログインや初期設定なども忘れずに行いましょう。

ソラチカカード設定 ソラチカカードが届いたらするべきこと