LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

ダウ理論について【FXでトレンドを把握するのにかなり重要!!】

ダウ理論

テクニカル分析で、トレンドを把握するために一番重要なダウ理論を解説します。

ダウ理論とは!?

ダウ理論は、19世紀アメリカの証券アナリストであったチャールズ・ダウが提唱した市場の値動きを評価するための理論です。

このチャールズ・ダウは、現在でも使う”NYダウ平均株価”を算出するダウ・ジョーンズ社の設立者の1人です。

ダウ理論はFXだけでなく株などのチャートの値動き、特にトレンド把握するために最も重要なテクニカルの一つです。

ダウ理論の6つの基本法則

ダウ理論には以下の6つの基本法則があります。

1. 平均はすべての事象を織り込む

政治経済、さらには予測不可能な自然災害やテロ、参加者心理なの事象全てが市場価格に織り込まれているという考え方。

2. トレンドには3種類ある

  • 主要トレンド:1年~数年のサイクル。
  • 二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。主要トレンドの調整と考える。
  • 小トレンド:3週間未満のサイクル。二次トレンドの調整と考える。

3. 主要トレンドは3段階からなる

  1. 先行期:先行型投資家が買い始める時期(底値買い)
  2. 追随期:市場価格の上昇をみて追随する投資家が増える時期
  3. 利食い期:先行期に買いを入れた投資家が利確する時期

利食い期には、ボラティリティ(上昇値幅)の低下やレンジ形成が見られる。

ボラティリティがわからない人は「FXトレードで勝つために重要なボラティリティとは!?」で解説してるので読んでください。

4. 平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的なテクニカル指標を使用した時に、その両方のテクニカルで同じシグナルが見られない限り明らかなトレンドと捉えることはできないという考え方。

5. トレンドは出来高でも確認されなければならない

トレンド発生の確認手段として出来高の推移も判断基準にする。

上昇トレンドでは出来高増の時に価格が上昇し、出来高減の時に価格が下落する。下降トレンドでは逆になる。

6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

明らかなトレンド転換のシグナルが出ないとトレンドは継続されると考えられる。

ダウ理論のトレンドの定義

ダウ理論のトレンドには2種類あります。上昇トレンド下降トレンドです。

トレンドの方向性が無い時はレンジ相場です。

上昇トレンド

高値と安値の両方が、その前の高値と安値より連続して切り上がっているもの。

ダウ理論

上のチャートのように、高値と安値がその前の高値と安値よりも切り上がっていて右上がりなのが上昇トレンドです。

ダウ理論

EURUSD(ユロドル)の日足です。

3ヵ月ぐらい上昇トレンドが続いてるのがわかります。

下降トレンド

高値と安値の両方が、その前の高値と安値より連続して切り下がっているもの。

ダウ理論

上のチャートのように、高値と安値がその前の高値と安値よりも切り下がっていて右下がりなのが下降トレンドです。

ダウ理論

レンジ相場

レンジ相場は、一定の値幅の中で価格が上下する状態のことを言います。

先ほど下降トレンドの1枚目のチャートです。

ダウ理論

下降トレンドが終わり、緑の枠内でレンジになっています。

チャートの形が四角のレンジなのでボックスレンジとも言います。

トレンドの転換

下降トレンドから上昇トレンドへ転換

また、先ほどのユロドルのチャートを見ましょう。

今度はローソク足の変化がわかりやすいように1時間足にしました。

ダウ理論

このチャートだと高値と安値共に切り下がっているので、下降トレンドは左の青丸まで続いています。

その後の高値が前の高値を更新しているので下降トレンドが終わりと判断しますが、ここではまだ上昇トレンドへの転換とは判断しません。

そして、安値(右の青丸)が切り上がり、黄色丸内で前の高値を超えた時点で上昇トレンド発生となります。

上昇トレンドから下降トレンドへ転換

下のチャートでは高値と安値共に切り上がっているので、上昇トレンドは左の赤丸まで続いています。

ダウ理論

その後の安値が前の安値を更新しているので上昇トレンドが終わりと判断しますが、ここではまだ下降トレンドへの転換とは判断しません。

そして、高値(右の赤丸)が切り下がり、黄色丸内で前の安値を割った時点で下降トレンド発生となります。

関連記事:トレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方 トレンドラインの引き方

以上、ダウ理論はテクニカル分析を行う上で非常に重要な考え方なので、しっかり理解するまで何度も読んでください。