LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

ANA上級会員の資格が半永久的に得られるSFC(スーパーフライヤーズカード)とは!?

SFC(スーパーフライヤーズカード)

こんにちは!!ノブ(@novnovofficial)です!!

最近僕は、ツイッターやインスタグラムで飛行機の写真と共にSFC修行、SFC修行!!と投稿しています。「SFC修行てなんやねん」という方がいると思います。

SFCはANAの上級会員と同等のステイタスが付与されるクレジットカードです。

今日はSFCとは何なのか!?、SFCのメリット、SFC取得の費用やその費用を抑える方法を解説します。

SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)とは?

SFCは、保有しているとANAの上級会員とほぼ同じサービスを受けられるクレジットカードです。

このカードは一度取得すると年会費さえ払えば、半永久的に一生ANAの上級会員になることができます。

ダイヤモンドやプラチナなどのステイタスは1年間のみです。

しかし、SFCは誰でも申し込みできるクレジットカードではありません。

SFCを取得するには、2つの方法しかありません。

  • ANAの上級会員であるダイヤモンドメンバーかプラチナメンバーになる。
  • ミリオンマイラーになる。

2つ目のミリオンマイラーを目指すのは、かなり厳しいです。条件としては、スターアライアンスでの総飛行距離100万マイルをこなさなければなりません。

羽田ーニューヨークで片道7,000マイル弱なので、72回も往復しないといけません。

なので、ダイヤモンドかプラチナメンバーになってSFCを取得する方法がベターです。

プレミアムメンバーになってSFCを取得する

ANAではマイルとは別で、路線や飛行距離に応じてプレミアムポイントというのが獲得できます。

毎年1月〜12月に獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のステイタスが決まる仕組みです。

プレミアムメンバーになるには

プレミアムメンバーのステイタスには、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの3種類があります。

それぞれのステイタスを獲得するには30,000、50,000、100,000のプレミアムポイントが必要です。必要ポイントの半分は、ANAグループ運航便(スターアライアンス)を使っても大丈夫です。

SFC(スーパーフライヤーズカード)

ブロンズは全然特典がなく、なってもあまり意味がありません。SFCの発行権利ももらえません。

SFCをゲットするためには、最低でもプラチナは獲得する必要があります。

SFC修行でプラチナステイタスを獲得

では、プラチナステイタス達成条件である50,000pp(プレミアムポイント)は、どれぐらい飛行機に乗ればいいのか!?

プレミアムポイントは、路線や予約クラス、飛行距離、ANAクレジットカードの有無で計算されて積算されます。SFC(スーパーフライヤーズカード)

 

答えを言うと、50,000ppは尋常じゃないぐらいしんどいです。

SFC(スーパーフライヤーズカード)

効率が良い羽田ー那覇路線で考えると、片道普通席で1,476pp積算されます。計算すると、沖縄に17往復もしなければなりません。

積算率の良いプレミアムクラスに乗って、搭乗回数を減らすのもありですが、その分費用は多くかかります。

日帰りで那覇に行く人もいます。このように、SFC取得のために飛行機に乗りまくることをSFC修行といいます。

そして、飛行機に乗りまくるのでお金も結構かかります。

一般的に50万円で50,000pp(10pp/1円)ぐらいが妥当だといわれています。

さっきの羽田ー那覇だと、平日なら片道1万円ぐらいであるので比較的安く収まります。旅行がてらいろんなところに行きたいとなると、50万円以上かかる可能性が高いです。

SFC発行にはクレジットカード審査を通らないとダメ

SFCはクレジットカードなので、発行には審査を通らなければいけません。

SFCが発行できる期間は、プラチナステイタスを獲得した1年間です。

もし、審査に落ちてしまったら、6ヶ月は信用情報に「審査に落ちた」と言う記録が残ります。また、半年あけて申し込みしないといけません。チャンスは2回だけということになります。

滅多にないですが、2回とも審査に落ちてしまったらせっかくのSFC修行も水の泡です。

なので事前に、SFCに切り替えができるクレジットカードを発行しておくことをおすすめします。

僕のおすすめは、ANA VISAのワイドゴールドです。

おすすめ理由は、「ANA VISAワイドゴールドカードは『20歳』から申し込み可能」で書いています。

ANA VISAワイドゴールド20歳 ANA VISAワイドゴールドカードは『20歳』から申し込み可能

通常の年会費にプラス1,000円で、一生ANAの上級会員のステイタスを保持できます。

▼▼その他のSFCの種類はこちらからどうぞ▼▼

>>>スーパーフライヤーズカードのラインナップ

SFCを取得するメリット

肝心なSFCのメリットをお伝えします。

箇条書きで長くなりますが、ご了承ください。

  • プレミアムメンバー専用デスク
  • ラウンジの利用
  • 座席クラスのアップグレード
  • プレミアムエコノミーへの変更
  • 国内線の先行予約
  • 国内線座席指定の優先
  • 予約時の空席待ちの優先
  • 国際線特典航空券・アップグレード特典の優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受け取りの優先
  • 手荷物許容量の優待
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗
  • 空港での空席待ち優先
  • アップグレードポイント
  • フライトボーナスマイル
  • マイルからSKYコインへ特別倍率で交換
  • IHG・ANA・ホテルグループジャパンでの優待

これで全部ではありません。主なメリットだけをあげました。

赤字の項目は個人的に魅力的なメリットと思うサービスです。

特に優先チェックインカウンターや専用保安検査場の利用は混みやすいので、非常に便利だと思います。

その後は、ラウンジでゆっくりできます。

スーパーフライヤーズ会員の特典はANAの公式サイトで確認できます。

>>>スーパーフライヤーズ会員の特典

スカイコインでタダでSFC修行ができる

平均で50万円以上かかるSFC取得ですが、タダで取得できる方法があります。

それは、ANAマイルをスカイコインに交換して航空券を買う方法です。

マイルでの特典航空券では、マイルはもちろんのことプレミアムポイントも付与されません。

しかし、スカイコイン購入した航空券でのフライトは、マイルもプレミアムポイントも付与されます。

ここで、SFCメリットでもあった「マイルからSKYコインへ特別倍率で交換」がポイントになります。マイルからSKYコインの交換は、プレミアムメンバーステイタスやクレジットカードによって異なります。

SFC(スーパーフライヤーズカード)

表を見たらわかるとおり、ANAゴールドカード・プレミアムの交換倍率が、最大1.6倍で一番高いです。僕が、ANA VISAワイドゴールドをおすすめする理由の1つでもあります。

50万円全てをマイルで補うとなると30万マイルぐらい必要です。

「年間20万以上のANAマイルを貯める裏ワザとは!?」を使うと1年半ぐらいで貯まるマイル数です。

マイルを貯める裏ワザ 年間20万以上のANAマイルを貯める裏ワザとは!?

もし、タダでSFC修行したいのなら1年ぐらいの準備期間がいるということになります。

まとめ

SFCを取得すると、ANAだけでなくスターアライアンスに加盟するエアラインでも同様のサービスが受けられるようになります。

飛行機を使った旅行においては、様々なサービスを受けながらイライラせずスムーズに移動ができるようになります。

しかし、SFC修行はお金はもちろんのこと時間も大きくかかります。完全に趣味の領域です。笑

興味のある方は、マイルを貯めて少しでも費用負担をなくすなどの工夫をしてSFC取得を目指しましょう。