LINE@ご登録で「初心者がゼロから始めるFXの教科書」プレゼント中!!

本当にやりたい事を見つけるために大切なたった1つの事

人生で本当にやりたい事

人生で本当にやりたい事って見つかんないですよね?

僕は26歳のときに会社を辞めた後も、自分が何をやりたいのかわかりませんでした。

人生の永遠のテーマだと捉えた方がよっぽど楽なのかもしれません。

「やりたい事の1つも見つからんのかよ〜」と思っている幸せな人を除いて、かつての僕のように露頭に迷っている人に助言します。

やりたい事なんてなくていい

すみません。

初っ端からこの記事を否定するような事を書きます。

オリンピックとか世界で活躍しているような人達は、幼い頃から体操やら野球やら自分の信じた道を一歩一歩進んで大舞台に立っています。

数十年単位で変わらない目標に向かって頑張る精神は羨ましいというか尊敬します。

努力の神様です。

でも、それぐらい打ち込めるやりたい事がある人なんてほんの一握りです。

安心してください。

大多数の人がやりたい事なんてありません。

まず、「やりたい事がないとダメ」みたいな風潮が煽りに拍車をかけている。

この思想を排除する事から始めましょう。

やりたい事なんかなくていいんです。

直感に従う

新しい事に挑戦する時って少なからず不安になりますよね?

「上手くいくのかな〜」、「失敗したらどうしよう〜」とか考えているうちに、熱が冷めてもういいやみたいなことよくあると思います。

それは非常にもったいない!!立派な機会損失です!!

どんな小さな事でも犯罪犯さなかったら少々怒られてもそれをやったらいい。

そして、「学んで」、「発見」に繋げれば尚良し。

そもそもやりたい事を探すって変ですよね?もうその時点でなんか本来の目的を失ってるようで。

欲望っていうのは体の内側から出てくるもので、考えて出てくるもんではありません。

直感に従いましょう。

今を生きる

結局何が言いたいかっていうと「今を生きろ」ということです。

今、目の前にある事に全力投球で取り組んで下さい。

これが一番大事。正直、先の事を考えても時間の無駄。

考えた通りの未来が来る保証もないし、誰にも先の事はわかりません。

ただ、未来のどこかで最高のオファーが来た時の準備をする事は出来る。

それは、今自分が取り組んでいる事に精一杯向き合う事です。

人によって部活、勉強、趣味、仕事などなど違うかもしれませんが、その経験が無駄になる事なんて絶対にありません。

たとえ失敗したとしても、「あいつ頑張ってんなー」と見ている人は見ている。

「そう言えば、あいつ◯◯出来るって言ってたな〜頼も」と信頼してくれる人も出てくるかもしれない。

それが自信になり、モチベーションに繋がる。

そうすると、もっと一生懸命取り組むようになって良いサイクルができる。

ここまでくると完全に需要と供給が発生して、気づけば仕事になってるかもしれない。

ほんとにヤバイ時は、今まで培った経験という武器を組み合わせて使えばなんとかなる。(と願っている。)

色んな事に挑戦した方が絶対に可能性は広がります。

 

最後に、やりたいことが見つからないあなたに一つ言葉を送ります。

今は亡きロビン・ウィリアムスが主演を務める映画『今を生きる』からのセリフです。

“Carpe diem. Seize the day, boys. Make your lives extraordinary”

「カーペ・ディエム。今を生きろ若者たちよ。すばらしい人生をつかむのだ。」

created by Rinker
¥199 (2018/11/14 18:32:30時点 Amazon調べ-詳細)